2020/7/22面白くありません。みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!Q&Aをキーワードで検索: (デイリー新潮) 07月23日 17:31(NEWSポストセブン) 07月23日 16:05人気漫才師の前は天才歌姫? 降板騒動の上沼恵美子、姑にイビられ耐える良妻の顔も(リアルライブ) 07月23日 21:00突然終了「えみちゃんねる」秘話 長寿支えた上沼恵美子の話術 一時は視聴率苦戦に涙も“番組愛”証明(スポニチアネックス) 07月22日 17:31「快傑えみちゃんねる」が突如終了の裏で……上沼恵美子“恐怖の飲み会”で何が起きていたのか?(文春オンライン) 07月22日 17:00ゆきぽよ「快傑えみちゃんねる」最終回出演…思い出写真投稿、梶原の姿も(デイリースポーツ) 07月22日 11:29上沼恵美子“逆ギレ”「えみちゃんねる」24日で突然終了…現場の意見に「辞めてやる」(スポニチアネックス) 07月22日 06:01上沼恵美子はM-1審査員続投? 梶原降板騒動でよぎる2018年の“あの事件”(日刊ゲンダイDIGITAL) 07月09日 09:26〝上沼恵美子パワハラ騒動〟キンコン梶原が黒沢年雄に反撃でドロ沼化必至(東スポWeb) 07月08日 06:15キンコン梶原降板騒動に見る上沼恵美子の関西での人気ぶり(NEWSポストセブン) 07月06日 16:05上沼恵美子にパワハラ騒動勃発!キンコン梶原降板騒動の舞台裏を追跡(東スポWeb) 07月06日 06:15上沼恵美子、寵愛したキンコン梶原が番組を降りるまでの騒動(NEWSポストセブン) 07月02日 07:05国内の新規感染981人 最多更新再生相 家族旅行の自粛は不要ALS死亡女性の友人 率直な思い車で出産し子の遺体遺棄 女逮捕3歳と1歳娘を置き去り 夫婦逮捕4歳児 自転車で29km踏破の大冒険怖がりに優しいオバケ なぜ誕生藤浪 満塁弾浴び1軍復帰飾れずイケメン 加藤清史郎に驚きの声長瀬、退所後モデルは山田孝之?上沼恵美子 偉くなった理由とはフワちゃん「2つの肩書き」強み「HiHi」未来のジャニーズ担う?高須院長 がん手術「生還なう」長瀬、退所後モデルは山田孝之?石田純一「悲しい」差別的反応にイケメン 加藤清史郎に驚きの声三浦春馬さんCD 予定通り発売へ17歳で家出 志尊淳が語る家族不発からトップへ 朝ドラ女優3人おうち時間高校バレーテニスゴルフ 特集:集団感染都市別人口変動・リアルタイム情報(モバイル空間統計)特集:東京アラート特集:接触確認アプリ特集:営業再開特集:経済対策特集・倒産10万円給付についての概要(総務省)企業を支援するための施策など (経済産業省) 政府・自治体の各種支援 (内閣官房)特集:持続化給付金 GoToキャンペーンの概要持続化給付金事業委託の流れGo To トラベル事業(観光庁)国土交通省の対応(国土交通省)暑い日のマスクで熱中症のリスク経団連が示した感染予防対策 オフィス編経団連が示した感染予防対策 事業所編豊富な種類のマスク特集:感染症対策新型コロナの基礎知識新型コロナを調べる検査の主な特徴新型コロナの重症化メカニズム特集:PCR検査医師に聞いた新型コロナウイルスQ&A(アスクドクターズ)接触アプリの仕組み特集:接触確認アプリ特集:営業再開特集:外食特集:テイクアウト特集:ダイエットイベントや外出の段階的緩和の目安社会活動の段階的緩和特集:夏休みスポーツ日程の最新状況ホッと一息 明るいニュース特集特集:筋力トレーニング特集:ジョギング情報の真偽を検証(ファクトチェック・イニシアティブ)感染に便乗した悪質商法にご注意(国民生活センター)新型コロナ対策を念頭に置いた避難所のあり方大雨・洪水 避難ためらわずに国別コロナウイルス感染者数マップ IDでもっと便利に 2020/7/22昔、漫才をやっていた頃は確かに勢いもあり、面白かったですよ。群を抜いてましたよ。 2020/7/22私は関西人ではないのでああいう大阪のおばちゃんの代表の閉じる1〜3件/3件中 All Rights Reserved.「追加する」ボタンを押してください。閉じる※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。不適切な投稿でないことを報告しました。 上沼恵美子コンサートのチケットが取れない 上沼恵美子を心から愛するのは、私の母親。 何年も前に1度だけチケットが取れて、ディナーショーに行った事がありますが 「未だにあれは最高に楽しかった」とつぶやく事があります。 2020/07/23 17:31関西テレビ放送 カンテレ公式より( 関西テレビは7月21日、上沼恵美子(65)が司会を務める「快傑えみちゃんねる」の放送について、24日放送の回をもって終了すると発表。四半世紀に亘って続いた長寿番組が突如終了する前代未聞の事態に、特に関西芸能界は上を下への大騒ぎなのだが、その背景にあるものとは何か。島田紳助(64)と松本人志(56)が三顧の礼で「M-1」の審査員として迎えたという事実、そして関西では「女たかじん」と呼ばれ、視聴率女として崇拝される上沼の“日常”について紹介する。 *** トークバラエティ番組「快傑えみちゃんねる」は1995年7月10日にスタートし、今年7月に25周年を迎えたばかり。24日の最終回で放送回数は1056回を数えるマンモス番組だ。 終了の理由について関西テレビは、「番組として一定の役割を果たすことができたと考え、終了いたします」と発表。一方で上沼は「25年という長きにわたって『快傑えみちゃんねる』を1000回を超えて続けることができたのは、支えてくださった視聴者の皆さまのおかげです。本当にありがとうございました」とコメントした。「ひとえに上沼さんが、もうやめるわって一言いうたんでしょう。おもんないわと。うるさいこと言うんやったらやめたるわってことですよね。番組名に『えみ』が入っていて、不慮の事故や病気でもない限り、代役を立ててというわけにはいかない。番組の担当者としては胃がキリキリ痛みっぱなしとちゃいますかね」(同) 上沼の“変心”については、寵愛してきたYouTuber・カジサックとしても活躍しているキングコング・梶原雄太(39)との関係の冷え込みがあるのは間違いない。梶原は、レギュラー出演していた「快傑えみちゃんねる」と、隔週レギュラーだった「上沼恵美子のこころ晴天」(ABCラジオ)から、この6月に降板することとなっていたのだ。 詳細は女性セブンの報道で明らかになったことだが、「上沼さんは6月半ばの『怪傑』の収録で、梶原さんに募らせていたイライラをぶつけました。カメラは回っているのに“説教”は延々と続くと言う悲劇で……。さすがに放送できませんでしたが」(同) それから梶原は、「快傑」と「上沼恵美子のこころ晴天」の降板を申し入れたわけだが、上沼は6月29日のラジオで梶原本人が不在の中、降板を発表。上沼は「梶原君が東京から(移動が)しんどいということで」と理由を話したが、そんなわけがない。案の定、梶原はこれをすぐに否定していたのだった。 腫れ物に触るどころか、関西芸能界に君臨し、何も彼女に異論を挟めない女王さまである上沼。その力を見せつけたのは、島田紳助と松本人志が三顧の礼で「M-1」の審査員として迎えたという事実だ。紳助自身、かつての週刊新潮の取材に、「スタッフ通じて上沼さんに“審査員をどうしてもお願いしたい、いかがでしょうか”と伝えたら、快く引き受けてくださった」と語っている。 2018年、「M-1」で落選した芸人がインスタグラムで上沼への批判を展開するという“事件”があった。業界は上沼を評価する論陣を張っている。 例えば、「M-1」の創始者でもある元朝日放送プロデューサー・吉村誠氏も、「そもそも上沼さんは女性芸人ではピカイチの存在。15歳から海原千里・万里で無数の舞台を踏み、その後、ピン芸人として冠番組を長年続けてきた。そうして彼女が手にした芸は、夫婦、母子、嫁姑の話題を取り上げながら、縦横無尽に笑いに転化していくもので、それができるのは上沼さんしかいません。その実力を知っているから、(島田)紳助さんは『M-1』の審査員に彼女を直接口説き、数年前からは松ちゃん(松本人志)が直接、お願いしているんです」 当の松本も、フジテレビ系「ワイドナショー」で、「彼ら(上沼を批判した芸人)はなによりも勉強不足ですよ。上沼さんという人がどれだけの人か本当にわかっていない」と発言。 また放送作家の保志学氏は、「関西では超のつく大物芸人で、視聴率がとれ、喋りは抜群におもしろく、50歳以上の女性ファンが多くて、ディナーショーのチケットは毎回完売。私は30年以上も放送作家をやっていますが、彼女は近寄れない存在で、限られた作家やプロデューサーとしか付き合っていませんね」と解説する。 ちなみに4つあった上沼の冠番組はいずれも高視聴率で、大阪のテレビマンは彼女を「女たかじん」と呼ぶとか。言うまでもなく、往年のやしきたかじんを彷彿させるという意味だ。「15歳で芸能界に入って苦労をしているから気配りもでき、面倒見もいい。ブラックマヨネーズの小杉竜一(47)と吉田敬(47)、チュートリアルの徳井義実(45)と福田充徳(44)も、大なり小なり上沼さんから笑いの指導を受けています。彼らを自分の番組に出演させ、空気や呼吸を体験させ、芸を磨かせたんです」 在阪の芸能記者によれば、“面倒見”ゆえに、「東京のテレビからは姿を消したキングコングの梶原雄太など、上沼さんに気に入られたおかげで、『快傑』などに呼んでもらって、なんとか食えていたんです」「上沼さんが梶原を猫かわいがりしているのは、梶原の勘が鋭いからですよ。上沼さんが嫌いそうな女性タレントをパッと見抜き、いじって笑いに変えたりする。その器用さが評価されているんです。というのも、上沼さんが共演をNGにしているタレントは多く、収録後に“あの人、本音で喋らないからイヤ。もう二度と呼ばないで”とスタッフに伝えるのなど、日常茶飯事なんです」 その点、梶原は機を見るに敏だったのだが、それなりに収入を得るに至り、その役割を担うことに飽きたのかもしれない。「上沼さんからNGになるのはスタッフも同じ。たとえば、スタッフ全員が集まって台本の読みあわせを行うのですが、徹夜続きのADがつい船を漕いじゃったりすると、“あの子、なんなの。もう番組に出入りさせないでちょうだい”となって、そのADの人生がそこで終わる。以前は視聴率が一定の数字を超えると、スタッフ全員が上沼さんにお手紙を書く儀式もあって、その都度、文面を考えるのが大変でしたが、そこまでやらないと彼女は機嫌よく番組に出てくれないのです」 そこまで偉くなった理由を、在阪の民放関係者は、「番組にはやはり女性が必要ですが、司会ができる女性タレントは、関西には長く上沼恵美子しかいなかった。だから、お姫様とか女帝のように扱われてきたんです。毒舌が売りのタレントも、関西にはいまは大勢いますが、バラエティで毒舌を売りにしたのは、実は上沼が第一号です」「関西はギャラが安く、4、5回出演しないと、東京での1回分にならない。だから若手は先輩に取り入って、冠番組に出してもらおうとし、先輩も視聴率のために、若手を手駒として持っておきたい。だから上沼も、これはと思う若手をテレビに出すだけで、面倒見がいいというのは違いますね」 在阪の芸能事務所関係者の話も、なかなか激しい。「上沼さんといえば、スタッフの間で“試練”と呼ばれていた飲み会が有名でした。以前は2、3カ月に1回、スタッフを引き連れて飲みに行ったのですが、酒量が半端ない上沼さんに付き合うこと自体つらく、2軒目、3軒目になるとカラオケを聴かなきゃならない。その際、上沼さんの歌声を聴いたら、スタッフ一同が絶対に涙しなきゃいけないんです。そうしないと途端に機嫌が悪くなるのだから、本当に手に負えません」 そう言った悪評が耳に入らないはずがない上沼がレギュラー1番組を失った代わりに得たものとは何だったのか?週刊新潮WEB取材班「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。

寄生獣 アニメ ひどい, 山崎和佳奈 山口勝平 結婚, 米倉涼子 結婚 海老蔵, シャーロック シーズン4 再放送, 東大王 伊沢 高校, ジュウオウジャー 28話 無料, は は ー ん さん, 吉岡里帆 インスタ Hashtag, 溺れるナイフ ネタバレ 4巻, 伊藤健太郎 母親役 You, プリキュア 追加戦士 キュアアース, 志村けん の 運送 屋, ハマイン Cm 変わった, パナソニック テスラ 撤退, Prince Ali 日本語, 大原櫻子 グッズ Enjoy, 魔女の宅急便 声優 山寺宏一, 四ノ宮那月 歌 うまい, 靴 洗濯機 脱水, 高嶋ちさ子 在宅 コンサート, 日野 プロフィア ミラーステー カバー, 金 八 先生 第7シリーズ最終回, ヲタ恋 こーくん スカート, 想送歌 歌詞 意味, 剣道 芸能人 女性, Abematv 無料トライアル 2回目, すべらない話 出演者 女性,